日语阅读
研究揭示不存在“健康的肥胖”
2022-09-28 11:17  日语阅读  影响:488人

重庆医科大学附属第一医院获悉内分泌科李启富教授团队,基于基因分析探讨了脂肪含量与死亡风险的因果关系,研究表明对于全身脂肪含量偏少的人,存在“健康的瘦”和“不健康的瘦”;但对于脂肪含量过多的人而言,不存在“健康的肥胖”。相关研究成果发表于国际期刊《代谢》。

重慶医科大学附属第一病院の内分泌科・李啓富教授が率いるチームが、遺伝子を分析し、脂肪の量と死亡リスクの因果関係を調べたところ、全身の脂肪の量が少ない人には、「健康的な瘦せ型」と「不健康な瘦せ型」が存在しているのに対して、脂肪が過度に多い人に「健康的な肥満」は存在しないことが分かったという。関連の研究成果が国際医科学雑誌「Metabolism」に掲載された。

该研究基于英国生物库大样本队列,采用两种不同的方法评估全身脂肪含量及死亡风险的关系。结果显示,脂肪含量和全因死亡之间具有线性因果关系,表现为脂肪含量每增加1kg/m2,死亡风险增加8%。

同研究は、英国バイオバンク (UK Biobank)の大標本に基づくコーホート研究で、2つの方法を採用して、全身の脂肪の量と死亡リスクの関係を評価した。すると、脂肪の量と全死因死亡(率)には相関関係が存在し、脂肪の量が1平方メートル当たり1キロ増えるごとに、死亡リスクが8%高まった。

李启富团队进一步分析发现,生活方式是重要混杂因素,其严重影响了脂肪含量与死亡风险的关系,即在生活方式较为健康的人群中,脂肪含量与全因死亡的关系呈线性,即脂肪含量越多,死亡风险越高,而生活方式不健康的人群中,脂肪含量过多或过少均会增加死亡风险。

李教授が率いるチームの踏み込んだ分析によると、ライフスタイルも重要な交絡因子で、脂肪の量と死亡リスクの関係に大きな影響を与えることが分かった。健康的なライフスタイルの人の場合、脂肪の量と全死因死亡(率)に相関関係が存在し、脂肪の量が多くなるほど、死亡リスクが高まり、不健康なライフスタイルの人は、脂肪の量が過度に多すぎても、少なすぎても死亡リスクが高まっていた。

查看更多关于【日语阅读】的文章

展开全文
图片推荐
推荐栏目
你可能感兴趣
发表评论
0评